果たしてムアコック作品は映画化されるのか?

額の宝石 【新版】 <ルーンの杖秘録1>/マイケル・ムアコック未だに続いているファンタジーブームに乗って、次々と再販される単行本。なんと<コナン>シリーズまで新訂版として再発されています。その中で<ルーンの杖秘録>シリーズが再販されたので、昔の版も持っているにも関わらず、全4巻とも購入してしまいました。

本<ルーンの杖秘録>は原作者であるマイケル・ムアコックも語っているように見事な「小傑作」です。彼の<エターナルチャンピオン>シリーズの中では、本シリーズはキャラクターと言いストーリーといい、またヨーロッパからアジアにかけての実際の地理を生かした世界観といい、一番まとまった作りになっているのでは無いでしょうか。

赤い護符【新版】 <ルーンの杖秘録2gt;/マイケル・ムアコックそれはさておき、この小説を読んでいて「そういえばムアコック作品が映画化されていない」ということに気が付きました。彼の最も有名なヒーローは<エターナルチャンピオン>の一人でもあるエルリック、ということになるのですが、どうも映像化されることが不安でたまりません。「白子のエルリック」をどう表現するか。あまり想像せず、元のままの幻影であって欲しい、と想うのです。あの内向的なエルリックがビジュアルになることがイマイチピンとこないのです。

夜明けの剣<ルーンの杖秘録3>/マイケル・ムアコックそこでこの<ルーンの杖秘録>シリーズの出番になるのでは、と感じました。本シリーズで<エターナルチャンピオン>の一人である主人公のコルムは謎の存在「ルーンの杖」に導かれ、いや見方によっては翻弄され、様々な関門をクリアしていくという、まるでRPGのようなストーリーになっているからです。そのため目新しさという点から見ると、コンピュータゲームのような分かりやすい作りをしています。ま、そういう意味で「小傑作」なのかもしれません。

杖の秘密  ルーンの杖秘録4/マイケル・ムアコック<エターナルチャンピオン>シリーズには話に登ったホークムーンエルリックの他にもコルム、そしてエレコーゼもいますが、どれかが映画化されると楽しいかも知れない、と想う今日この頃でした。

TrackBack

  • 額の宝石 【新版】 <ルーンの杖秘録1> | Excite エキサイト ブックス > 書籍情報
  • 赤い護符【新版】 <ルーンの杖秘録2> | Excite エキサイト ブックス > 書籍情報
  • 夜明けの剣<ルーンの杖秘録3> | Excite エキサイト ブックス > 書籍情報
  • 杖の秘密 ルーンの杖秘録4 | Excite エキサイト ブックス > 書籍情報

  • [PR]
    by gunco | 2007-02-07 00:59 | Books as precius