YamiPodを使ってみる

残念ながら現在のLast.fmソフトウェアでは、iPodで聴いた楽曲まではScrobbleされない。そのため、これまではjscrob2というiTunesへのプラグインを利用していたのだが、今回はオフィシャルサイトでもサードパーティツールとして紹介されていた"YamiPod"を使ってみた。「闇ポッド」って読むのかしらん?

ホームページを読んでみると「21ヶ国語に対応!」と書かれているのだが、Japaneseは残念ながらなかったので英語版を試用してみた。また、ちゃんと"Last.fm support"と明記されているのも安心だ。(とはいえフリーウェアなので基本的に自責です)

ということで早速ダウンロード。どうも「インストール不要」というのがちょっとしたウリらしく、ダウンロードしたファイルを解答してもReadmeとYamiPod本体しかないので、それらをProgram Files直下に[YamiPod]というディレクトリを作ってコピーしてみる。んで、YamiPodを起動してみると無事起動できたので、どうやらこれでいいらしい。で、とりあえず起動してみたのが下記の画像(クリックすると大きくなりますよ)。"please plug your iPod to continue!"ってことは、とりあえずiPodをつなげってことね。

a0003734_2018142.gif

上手くいっているので、調子に乗ってiPodをつなげてみたら、突然エラーが! 「何か良くわかんないエラー」(下記画像参照)って...う~む。早速YamiPod死亡...ふ、不安が...

a0003734_20211767.gif

YamiPodを起動した状態でiPodをつないだのがいけないのかな?と勝手な検討をつけて、今度はiPodを先につないでからYamiPod起動してみると、先ほどのエラーは出なかったのだが、「iTunesのバージョンが分からない」と言われてしまった。実は新しいんじゃなくて、アップデートが面倒なので「古い」のです!まだ4.xを使っているのでそのせいなのかしら~と思いつつも無視して続行。すると、読み込みが始り、バッチリYamiPodが起動した。

a0003734_20244954.gif

今日の目標はiPodで再生した楽曲をLast.fmにアップすることなので、早速その機能を探してみる。が、メニューにはそれらしきものが見当たらない...う~む、困った。う~んなんだろう、と色々あさっているとメニューの[Tools]-[Preference]の中に[Last.fm]タグを発見!バッチリLast.fmのID/PWDを入力するところがあるじゃないですか~。早速入力して、[Submit tracks played on iPod]がチェックされていることを確認して[Save]。

で、準備は完了したと思うのだがここまできて、ふと思った。「一体YamiPodって何ができるソフトなのよ?」ということで、ホームページをチェックしていると面白いことが分かってきた。YamiPodはズバリ「iPodの中にある曲がそのまま、PCで再生できるのだ」。それにはファイルをPCに移したりする必要がなく、PCとiPodがつながっているだけでいい。とすると、家のiTunesがメインの楽曲データということになるのだが、YamiPodは例えば会社でiPodで聞いていた音楽をPCを通して聞くことができる。要するにiTunes無しでiPodの曲が聞けちゃうってことだ。え?普通にiPodで聴けばいいじゃんって?そう、そうなんですよ。

とすると、利点は「Last.fmにiPodで聴いてる曲がリアルタイムにScrobbleされる!」くらいしかないのだが、あれ?上がってない...もう一度、IDを設定しにいってみるとなぜかテキストボックスが空に...う~む、困った。どういうことなのかしらん。

ここまで来て時間がなくなってきたので、続きは後程!また試してみよっと。

関連リンク

  • YamiPod

  • [PR]
    by gunco | 2006-07-28 17:30 | last.fm